メーカー卸し事業者様・流通事業社様向けサービス 3PLサービスで物流コストダウンを実現いたします。

提案力

エスプールでは、現場の見える化(可視化)を行いクライアント企業様と一緒にビジョンの達成を目指しています。
物流センターには常に提案や連携がとれるように営業所所長を配置し日々コミュニケーションが取れる体制を整えています。
提案で重要なことは、常にお互いが問題を共有できていることです。
定例ミーティング・提案を行うことでより良いサービスを荷主様に提供できるようにクライアント企業様と共に取り組んでいます。

高品質・ローコストオペレーションの実現 現状 KFS 戦略要因 ビジョン 到達可能な 将来の姿 ミッション 目指すべき姿 バリュー 行動基準 ビジョンを共有し、真のビジネスパートナーへ

改善提案の取り組み

改善活動【Impurove】 物流現場改善の目標設定と プロセスの設計 物流現場改善の計画実施と パフォーマンスの測定 物流現場プロセスの 改善・向上に必要となる 変更点の明確化 物流現場改善活動の測 定結果の評価と分析 改善提案書のサンプル

Plan
物流改善目標設定(生産性、品質)をクライアント様と一緒に設定します。 数値目標を基に弊社でプロセスの設定を行います。
Do
現場改善の計画実施と各KPI、数値の測定を行います。
Check
結果の評価と分析を資料にて定例ミーティング時に提出します。
Action
クライアント様と結果をもとに改善点・変更点を検証し、更なる改善の向上に努めます。

コスト削減への提案

コスト削減イメージ 現状コスト ①標準化による コスト削減 ②最適シフトによる 変動費化の実現 ③BPR、改善活動による コスト削減 更なるコスト削減の追及

標準化による固定費の削減から、物量に合わせた物流コストの完全変動費化(ピース清算)を実現します。
またロジスティクス活動全体の改善提案なども行い更なるコスト削減を追及します。

改善力

生産性

例) ワークサンプリングを利用した改善 業務フローを組み替えての改善

IE分析手法を使い生産性の改善に取り組んでいます。

※IE:動作研究、工程分析があり、作業手順や、レイアウト等を科学的に見直すことで、生産効率を向上させる手法です。

品質

なぜなぜ分析 発生した事象 対策案1 対策案2

業界品質水準を目標に数値(PPM)目標、物流KPIを設定し品質の改善に取り組んでいます。

なぜなぜ分析の実施
ミスの真因を明らかにし再発防止に勤めています。

現場管理社員

現場管理社員

現場管理者のスキルUPに力を入れています。

資格取得
物流技術管理士(日本ロジスティクスシステム協会)
ロジスティクスオペレーション2、3級(中央職業能力開発協会)
フォークリフトオペレーター
個人情報取扱主任者
教育制度
コンサルティング研修(日本ロジスティクス研究所)
リーダーシップ、マネジメント研修(株式会社ワークハピネス)

活力

元気な挨拶の飛び交う活力のある現場作りを実現します。

活力

物流センター運営の成功の鍵はスタッフの戦力化です。
そのためにお互いが明るくコミュニケーションを図れ、活気のある環境作りに取り組んでいます。

  • 朝礼・中礼・終礼の実施
  • あいさつ現場へ(誰がきても気持ちのいい現場づくり)
  • 教育訓練(業務マニュアルの整備)
  • 人事評価制度の充実
  • 若い現場管理社員が活躍

コンプライアンス

弊社では4つのポイントでコンプライアンスを徹底しています

コンプライアンスの抑えるべき4ポイント コンプライアンスの徹底 ①運営実態 ②労務管理 ③安全衛生 ④情報管理